最安のレンタルサーバーを選ぶならここ

カテゴリ:レンタルサーバー比較

最安のレンタルサーバー

現在最安のレンタルサーバーはロリポップ!のエコノミープランで、月額は驚きの110円です。

Note 以下は 2021/07/30 時点での情報を基に記述しています。

ロリポップ!とは

ロリポップ!は元々「ナウでヤングな」のキャッチフレーズや「ロリポおじさん」が非常に印象的な格安レンタルサーバーでしたが、大規模リニューアル後も、低価格プランは維持されており、現在でも最安の部類に入ります。 それでいて、料金はほぼそのままに、性能は以前よりも格段に向上しており、もはや安かろう遅かろうのサーバーでは無くなりました。

参考正直、「ナウでヤングな」の頃は、サーバーのパフォーマンスはお世辞にも良いとは言えず、WordPress等のアクセスではもたつきが気になる事がありました。

最安プランの性能は?

最安プランの「エコノミープラン」のスペックは以下となります。

エコノミープラン
ディスク容量SSD 20GB
WordPress×
WebサーバーApache

※初期費用1,650円

但し、エコノミープランにはデータベースは付属しないため、WordPressなどのデータベース必須のCMSは利用できません。 WordPress(MySQL)を利用するには、「ライトプラン」以上が必要です。 とはいえ、ライトプランでも月額 220円(36ヶ月契約の場合)と破格です。

ライトプラン
ディスク容量SSD 160GB
WordPress
WebサーバーApache

※初期費用1,650円

ライトプランではモジュール版PHPに対応しており、PHPが高速に動作します。

年額料金

エコノミープランは1年契約(12ヶ月契約)でも月額料金は変わらないため、年額では1,320円です。

一方、ライトプランでは、1ヶ月契約では月額440円ですが、36ヶ月契約にした場合、半額の220円にまで下がり、長期間契約の恩恵が非常に大きいですね。

データ転送量

データ転送量の制限は以下となります。ライトプランではエコノミープランの倍以上の転送が許容されています。 1日あたり500GBであれば、WordPressサイトでのアクセス増にも対応できるのではないでしょうか。

エコノミープランはデータベースが使用できない点から考えても、動的サイトの構築は想定されていないのかもしれません。そのためこの転送量も頷けます。

データ転送量制限
プラン転送量
エコノミー200GB/日
ライト500GB/日

オプション

バックアップ機能

ロリポップ!では月額330円でバックアップ機能が追加できます。 自動バックアップ機能を有効にした場合、Webサーバーとデータベースサーバーのバックアップが自動で実行され、7世代分保持されます。

バックアップ機能では、バックアップデータの復元はもちろん、バックアップデータをダウンロードすることも可能です。 バックアップされている特定のファイルのみを取り出したいときに便利ですね。

まとめ

最安料金でレンタルサーバーを探している方は、断然ロリポップ!をおすすめします。

利用者も多く、信頼性は高く、最近ではスペックやパフォーマンスも向上しているにも拘わらず、月額220円(ライトプラン)でWordPressサイトを構築できるのですから、コストパフォーマンスは最高でしょう。

公開日時:2021年07月30日 17:54:20

なお、レンタルサーバー選びで迷ったら、こちらの記事で主要レンタルサーバーのプランと料金を比較していますので、是非参考にしてみてください。

レンタルサーバー比較に戻る

「レンタルサーバー比較」に関する他のTips

このページのトップに戻る