Webサイトを持つとは

カテゴリ:全般知識

Webサイトを持つとは

さあこれからWebサイトを作りましょう。
でもその前に、Webサイトを持つとはどういうことかを考えてみましょう。

Webサイトを悪用(禁止薬物販売など)すれば犯罪になります。
一方セキュリティが甘く乗っ取られるとウイルス配布やクロスサイトスクリプティング(XSS)が仕掛けられ詐欺サイトに誘導してしまうなど、意図せずに攻撃者となってしまう可能性があります。
それをよく認識しておく必要があります。
※XSSはユーザー入力を含む出力を確実にHTMLエスケープする事で簡単に防止できます。しかしHTMLを覚えたての頃はそこまで意識が回らず、うっかり入力をそのまま出力してしまいがちです。
※Webサイトのウイルス感染はWebサーバーの脆弱性が悪用される場合が多いですが、レンタルサーバーであれば脆弱性を放置することはないはずですので心配ないでしょう。
とにかく気をつけるのはWebサイトの改竄です。

Webサイトを世界に公開するという事は、同時にその責任も持たなければならないと言うことです。
大げさなようですがどんなサイトも攻撃者になりえるのです。

サイト管理者の責任

ウイルスサイトや詐欺サイトへの誘導以外でも、偽ニュースや間違った情報を掲載することで間接的に人を害する事も出来ます。
特にユニークなキーワードは検索上位に表示されやすく、誘惑に駆られる事があるかもしれませんが、偽情報や信憑性の低い情報は、今最も問題視されています。
たとえ一時的にアクセスを得られても、ペナルティを受け低評価となるのは時間の問題です。
そのような記事を書く事は時間と労力の無駄です。

大切な事

何よりも大切なのは正しい情報を発信する事です。
記載すべき情報はきちんと裏を取り、複数の書籍などで間違いがない事を確信した上で公開する事が大切です。
時間はかかるし面倒ですが、信頼されるサイトを作る事は長い目で見れば大きな資産になります。
記事のコピペや量産はこれからは通用しないでしょう。

以上、サイトを持つ事への意味と責任について述べてみました。

公開日時: 2017年12月18日  01:08:03

本格的なスキルを身につける

オンラインによるWebプログラミングスクールの無料レッスンを受けてみたい方はTechAcademyの無料体験がおすすめですよ。

全般知識に戻る

「全般知識」に関する他のTips

「全般知識」に関する他のTipsはありません。

このページのトップに戻る